スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日で430キロライド-2日目-

前回からの続きです

前日に続いて2日目も晴れ。
夜寝る前に、同室だった女性と話をしていたら就寝が23時頃。
2日目のスタートは8時だったので6時起き。

疲れが溜まっているだろうとビクビクした割には、体が元気で安心しました。
ホテルの前で全員で集合写真を撮って、思い思いに出発。
帰りは下り基調なので気軽な感じで、前日知り合った人達と出発しました。

帰りはホントに楽ちん。
多少の上りはあっても惰性で行ける所が多くて、気持ちが良かったです。
途中の道の駅にオススメのソフトクリームを食べ、
目指すは勝沼。
ショップ所有の宿泊施設があって、そこでますの寿司のお昼ご飯。

巡航速度は25~30キロのゆったりペースで、
前日とは違うサイクリング感にまた違う楽しさを覚えました。

畳でお昼ごはん

お昼ごはんの場所に辿り着くと、そこには沢山の人。
私たちの班は一番最後の方で出発したので、
中にはお昼を食べきっている人も。

面白かったのは、
速い班の人達は庭でそそくさとお昼を食べ、
遅い班の人達は建物の中でまったりお昼ご飯だった事。
勿論私は快適室内でお昼を堪能しました。

090927_01.jpg

お昼を食べたらデザートだよね!
という事で、次に目指すは少し離れたぶどう園。
途中に少しきつめの坂があったものの、
そこは「ぶどう!ぶどう!」で乗り切ります。

着いた先でもらったぶどうはしっかり冷やされ、1人1房。
多すぎて食べきれない・・・。
食べきれない分はまわりの男性に配りました。

090927_02.jpg

ロングライドで出会った凄い人

ぶどうをまったり食べていると、
1人の男性がひょっこりやってきました。
同じショップのクラブ員で、今回のロングライドには参加せず、
1人でロングライド中でした。
聞くと、もうすぐ定年を迎える方なのですが、
どこからどう見ても若い。
そして、絶対速いだろうなという風貌。
その男性と話をしていると何だかおかしいんですよ。

「アベレージが25キロ切っちゃって、完走できなかった・・・。」

そう嘆いていました。
そっか、残念だね。ナンデスケド、、、
完走できなかったのは何と1000キロブルベ。

「寝なかったら行けたんだけど、さすがに途中1時間寝ちゃってさ」


・・・・う~ん、そりゃ寝るよね。


そう思いながらぶどうをパクパクしていると、
「ここからの帰りはフリーランでユルユル走っていくから
マル子さん一緒に行けば?」と。
1000キロ走ってもAve.25km前後の人でしょ。

・・・ヘタレです。丁重にお断りしました。

「では、またー」と走り去る姿は格好良かったな。

という事でゴール目指して再出発。
ユルユル行こうと思ったら再び悪魔の囁き。

「もっと走りたい人いるでしょ。
行ける人は次の道の駅まで行っちゃっていいよ。」

その言葉に男性3人が乗り、その姿を元気だなぁと眺めていると

「マル子さん、何で行かないの!?」

え゛、行けませんYO!
もうグダグダですもの。
と思ったのもつかの間、

「ダメだったら垂れてきて後続と合流すればいいじゃん」
ですと。

あぁ、なるほど!
私、単細胞なんでね。納得して速く走り隊に混ざりました。

そしたら、、、
まじで、速いから・・・orz

ぶどう園からの道のりは帰りの数少ない上り区間の1つです。
そこを男性3人がガンガン走ると、私はガンガン置いていかれる。
遅れる→信号で追いつく→遅れる→ちょっとした平地区間で追いつく・・・

の繰り返し。
私だけ超ゼーゼー言ってるし。
いい加減しんどいけど、垂れるのも癪なので背中を追い続ける。

信号待ちで
「しんどいです」
と言う私に
「嫌な坂ですね。疲れますよね」
という男性。

嘘付け!!速いじゃないかよ!!!
私としんどいの度合いが違うよ!!!

という事で道の駅到着。
先行した4人が全員同じメットだった事にびっくりしながら
コーラを堪能しました。

新笹子トンネル vs 自転車集団

ついに鬼門、新笹子トンネルに辿り着いた私たち。
昨日同様笹子峠を通る案もあったのですが、
10人程の集団の中には疲れが溜まっている人もちらほら。
なので、新笹子トンネルを通って帰ることになりました。

内心ちょっとブルーだったのですが、
リーダーの
「大人数だと車が認識しやすく、大きく避けてくれるから大丈夫」
と言う言葉を信じて出発。

基本的には公道と変わらないので、
とにかくふらつかずまっすぐ走ることを心がけました。
最初はビクビクで力が入っていたのですが、通る車のほぼ全てが
自転車を大きく避けていくので、全く恐怖感が無く、
少しずつ力が抜け、後半は落ち着いて通る事が出来ました。
でも、少人数で走るにはやっぱり怖いかな。
そんな感じであっさりトンネルを抜け、
後は最後の大垂水峠まで走るのみ!!

そこからはとにかく走り、大垂水峠手前で全員集合して
思い思いにヒルクライム。
私も頑張ってみたけど、遅かったな。

あとはダウンヒル後、クラブ施設まで走り、
サポートカーに預けた荷物を受け取って終了。

先に到着した皆さんが拍手で迎えてくれて嬉しかった。

今回のロングランに参加して

何よりも、スタッフの方の優しさや気遣いに感謝です。
そして、荷物を車で運んでくれたり、
休憩所を何箇所も設けてくれたり、
各班にサポートカーをつけてトラブルに迅速に対処してくれたり、
快適にロングライドを出来る環境を作ってくださったお店の心意気に、
このイベントに参加して良かったと心から思うことが出来ました。

始まる前は、
辛いだけで終るのではないか?
走りきれないのではないか?
と不安材料も有りましたが、
坂に差し掛かると車で先行しているスタッフの方たちが、
笑顔で「頑張れー!」と声をかけてくれるので、
こちらもついつい笑顔になってしまいました。

そして何より、沢山の自転車が好きな人たちと走るのは楽しいと、
実感する事が出来ました。
励ましながら、時には坂がきついと愚痴りながら走っていると、
1人では出来ない事が出来てしまうから不思議です。

自転車に乗ることは楽しい事。
そんな事を感じた2日間でした。

沢山の方にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

実は今回のイベント、
参加料 2000円+宿泊費(1泊2食付)と格安でした。
それでいて走っている間
自分で飲み物も食べ物も買う必要はありません。
確実に赤字な気がしますが、次回も予定は決まっており、
春に開催予定です。
何とも太っ腹なショップですよ。

あぁ、また参加してしまいそう。
距離は更に長いのに・・・。

でも、きっと楽しいんだろうなぁ。

帰路走行距離:210キロ

追記:往路の獲得標高が3400mだそうな。私はそれより少ないはずだけど。
恐ろしい・・・。

ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れです!

2日目レポ、待ってましたよ~

いやぁ、2日続けて200キロ超えですか、すごいです。
私がこの前行ってきた道も走ってるようで、あの辺りかぁ、と
思い出しならが読んでました。
何か楽しそうなので、次回は参加してみようかなぁ。
大勢って苦手なんですけどねー

そんなにきちんとサポートしてもらえると安心ですね!
荷物も持たなくていいなら、それだけでも随分ラクですしね。

何はともあれ、お疲れ様でした(^^)

No title

2日で430キロの旅、お疲れ様でした。
1日200キロ以上のロングライドを2日も続けてやってしまうなんて、流石ですね。
そろそろブルベに挑戦してみては如何ですか?
マル子さんならきっと完走できますよ。

Re: お疲れです!

rabu_kunさん

私は基本的に団体行動が苦手なのですが、
何故か自転車に乗っている方は丁度良い距離感で接してくれる人が多く、
ストレス無く参加する事が出来ます。

各班にサポートカーが2台付いてくれるので、とても安心感があります。
ケガや故障で走れなくなったら車に乗れる保険も魅力です。

rabu_kunさんなら楽々走れる距離なので、
次回は参加検討してみて下さい!

きっと楽しいですよ。

Re: No title

ユメさん

実は長距離が苦手で、今回のロングライドに出るまで、
最長走行距離は140キロでした。
今回走りきれたのは、他に仲間が沢山いたからです。

今の私にブルベはしんどいでしょうね。時間制限もあるし・・・。
疲れるとすぐに休みたくなってしまうし。
もう少し体力と持久力が付いたら出てみたいです。

マル子さん、こんばんは★

大人数で長距離を走った経験がないのですが、
今回のマル子さんのレポを拝見して『わたしもいつか
参加してみたいな~』と思いました。
苦しい道も一緒に走る仲間がいると、力が出るんですね。

お疲れ様でした^^

Re: タイトルなし

ころちゃんさん、こんばんは!

今回はじめての長距離だったので不安は尽きなかったのですが、
まわりの方達に乗せられてどうにか走りきれました。
ずっと車が付いている為いつでもリタイア可能な状況だったので、
逆に力を抜いて走ることが出来たのかもしれません。

大勢で走るのは楽しいですよ。
次回、機会が有ったら是非!!

お疲れさまでした☆

マル子さん、こんばんは☆

す、すごい企画に参加されたのですね (・∀・)
コースを読むと結構ハードな感じがしますけど、
2日間も200キロ越えをしちゃうマル子さんすごいです!

やる前は憂鬱でも、やはり終わると達成感や充実感で
また次も参加しようかな~♪って思っちゃうものなんでしょうね。
お疲れさまでした!!!

Re: お疲れさまでした☆

カナナさん、こんばんは。

「行ける、行ける」という言葉につい申し込んでしまったのですが、
思ったよりもハードでした。
1人では絶対に走りきれなかった感じです。

自転車は走っているが間きつくても、走り終わると記憶がかなり美化されて、
また行きたい!と思ってしまいますね。

終ったばかりなのに、既にに春が楽しみだから不思議です。
プロフィール

マル子☆

Author:マル子☆
サボっていたブログ再開。
春夏秋冬・季節に合わせて遊んでいます。
-釣り・始めました-

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。