スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日で430キロライド-1日目-

ひょんな事から誘いを受けたロングライド。
お世話になっているショップが開催で、勢いで申し込んでしまったものの、
直前で面倒臭くなる。
個人的に立てた企画なら企画倒れになる所が、
そうではないので行くしかない。

私ってば行程を書き忘れ

今回のロングライドは
ショップが決めた蓼科までの往復コース+ウチまでの往復+何でか知らないが走った10キロ
全部で430キロの道のりです。

集合時間は朝6時

土曜日早朝。
高尾山口に集合すると、そこには同じジャージが150人程。
圧巻です。
そこでちょっとした説明を受け、
荷物をサポートカーに預けるともう出発の時間。

班の構成は早い順から
A→B→C→E
それぞれ途中からルートが違います。
更に、E班は人数が多いのでその中でも早い順から4班に別れます。
状況が良く分からなかったので、とりあえず一番遅い班に入りました。

いよいよロングライドの始まりです!

まずは大垂水

出発すると最初の峠、大垂水です。
これから先が長いので、ここは急がず焦らず行きます。
しかし、遅い班に入った事もあり予想以上にペースは上がらず、
スローペースで頂上へ。
そのままダウンヒル後、雛鶴峠のまんじゅう屋に辿り着くと、
他の班の方々がメロンパン大のまんじゅうをぱくついています。
私もぱくつき、向かうは笹子峠。

笹子峠へ向かう

まんじゅうを食べてしばし休憩を取ると、笹子峠の麓まで一直線。
先程の班がちょと遅めだったので、ちょと早めの班に合流しました。
速度も丁度いい感じで、気持ちよく走ります。
途中ちょとした登りをこなしながら巡航速度30~35キロで
あっと言う間に笹子峠下へ。

スタッフの心使いに感動

笹子下で2回目の休憩に向かうと、
そこには沢山のスタッフが待っていました。
そして大量の食べ物、飲み物。
どんどん食べて!どんどん飲んで!ボトルにも入れていって!
気持ちのいい気前の良さです。
私もおにぎり、いなり寿司、バナナと飲み物を頂き、
十分のエネルギーチャージをして初笹子。

本日初の必死の上り

早い班に入ろうか悩んだものの、
そちらの班は途中からちょっと厳しいルートに入るので、
再び遅い班に合流。
一本道は先行して登れるので、笹子はちょと頑張ってみる。
笹子峠と高速と新笹子トンネルはほぼ同じ道に向かう為、
わざわざ峠を通る車など無く、とても走りやすかったです。
木々に囲まれた道を走るとあっという間に頂上に着くが・・・。

恐怖!笹子隧道

笹子峠の頂上まであとひと息でお出ましなのが笹子隧道です。
笹子トンネルを回避できてほっとしたのもつかの間、
出迎えた隧道は真っ暗闇の恐怖トンネル。
明かりが一切無いそのトンネルに入ると、
自転車の非力ライトは全く役に立たず、
進んでいるのか壁はどこなのか分からない始末。
距離は短いのですが、路面状況も分からないので相当恐怖でした。
何も無くてよかった。

090926_01.jpg

勝沼激走!!

一気にダウンヒルをするとそこは勝沼。
しばし続く平坦の道。
スピードはグングンと上がり、10人以上の集団の巡航速度は
45キロ~50キロに。
しかし、さすが集団。全く疲れません。
気持ちい~!と思いながらあっという間に韮崎を超え、
次の休憩ポイントへ。

走りながら写真を撮ったら斜めってる
090926_02.jpg

090926_03.jpg

そこには再び果物や和菓子やおにぎりやまたしても宝の山。
おなかいっぱい食べて、こんなロングライドって素敵!と感動。

ダラダラと、いつまでも。

この休憩所を過ぎるとダラダラとしたアップダウンがお出迎え。
あっという間にのどは渇き、足が疲れてきます。
早く終れ→終った→と思ったらまた上り
みたいな感じで、少しずつ体力が奪われていきます。
しかもちょっとルートを間違えて、行かなくてもいい小淵沢に行ってしまったり。

090926_04.jpg

体力の無い私にとっては、まるで根性勝負の道を抜けると、
再び平坦基調の道へ出て一安心。
しかし、先程までの登りで降り落とされてしまった人達が出てきたので、
リーダーは後続待ち。
そして、日暮れも心配だった為、先頭集団は先に行けとの指示。
・・・誰も道を知らないのですが・・・。

とにかく蓼科湖を目指せと言われ、分からないまま出発。
目的地まではあと数キロ。
頑張ろう。

不幸は突然に

誰も道が分からないまま、「蓼科湖こっち」の看板を探して進むと、
分かれ道登場。
どちらが正しいのか分からず後続を待とうと立ち往生していると
追いついてきた男性が道を知っていた。
皆で安心して出発すると、やがて山道へ。
日も暮れ始めたのでとにかく必死に登る。
この先にバイパスがあると言われたので、必死に登る。
しかし、進めど進めどバイパスは見えず、走行距離はもうすぐ220キロ。
さすがに疲れてきたよ。
いつバイパスは現れるのかな?
そう思っていると、看板が。
「白樺湖4キロ」

まじかぁ。
まだ4キロもあるのか。
でも、あと4キロで白樺湖。
ガンバレー・・・。

・・・・あと4キロで白樺湖。
4キロで白樺湖。

目的地は蓼科湖。
あと4キロで白樺湖。



・・・・・・ん~。


道間違ってるじゃん!!


一瞬道を教えてくれた男性にイラッと来ましたが、
ロングライドでの多少のトラブルは仕方が無いので、本部に連絡。
すると、白樺湖経由で戻るのがいいとの事だったので、あと4キロを必死で登る。
道が暗いので、注意しながら。
そして辿り着いた白樺湖でもう一度連絡すると、
すっかり暗くなってしまった夜道のダウンヒルは危険なので
迎えに来てくれる事になりました。

道を間違えてしまった7人は寒さをこらえてサポートカーを待ちます。
暗がりの中、温かいコーヒーを飲みながら、助かってよかったと話をしていると、
大変な事に気付いた。

DNF

ミスにより本来よりも10キロほど長くヒルクライムしてしまった私達。
頑張ったー、と思ったのもつかの間、気付いてしまったある事。

サポートカーに回収される=DNF

あ゛~、、、頑張ったのにDNF。
切なくなっていると、迷子の7人に対して車5台が登場。

申し訳ない・・・。

車に入ると暖かくて、段々と眠くなってきました。

ちょとした有名人

ホテルに着くと玄関先ではスタッフの方たちが待っていてくれました。
皆さん、私たちが戻るまで寒い中待っていてくれたそうです。
何ていいお店!と感動して泣きたくなってしまいました。
車を降りると食事会場で皆が待っていると告げられ、
着替えもそこそこに会場へ。

皆さん食事もそこそこに、私達たった7人を待っていてくれて、
しかも、無事で良かったと笑顔で出迎えてくれました。
素敵過ぎです、サイクリストの皆さん。

そんな中食べた食事はとても美味しく、暖かく、
結果的にとてもいい1日になりました。

こんな感じで1日目は終わり。

色々有ったけど楽しかった。

ただ1つ。
こんな時の為に地図が有るといいですね。
ロングランには毎回地図が無いらしいので。
迷っても辿り着けるし、そもそも地図があれば迷わずに済みますから。
ネット地図でも、紙でもコピーでも、何でもいいですから。
ルート詳細が分かるものを。

走行距離:220キロ

2日目につづく・・・

ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マル子さん、こんばんは★

先日はご訪問下さりありがとぅございました。
とても嬉しかったです。これからも、ヨロシクお願いします!

超ロングライド(←わたし的に)お疲れ様でした!
アップダウンがある道で220kmとは驚きです。
結果はDNFでも、人の温かさに触れられて良い1日になって
良かったですネe-420
2日目レポも楽しみに待っています!

Re: No title

ころちゃんさん

コメント有難うございます。
こちらこそ、宜しくお願いします。

私的にも今回はロングライドでした。
今までの最長距離が140キロだったので
走りきれるか不安だったのですが、
沢山の人達と走る事で頑張れた気がします。

皆で走ると辛い事も乗り切れますね!
プロフィール

マル子☆

Author:マル子☆
サボっていたブログ再開。
春夏秋冬・季節に合わせて遊んでいます。
-釣り・始めました-

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。