スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDA 王滝!

王滝レポ、遅くなってしまった…。

結果から言うとDNFでした。
それをどう書こうか、悩んでいたら時間が過ぎてしまい。

事実だけを書きたかったのですが、
なんかそれを書いたら言い訳になってしまいそうだな、とか
それが事実なんだからさっ、とか。
色々考えていたら訳の分からない事になっていました。

---------------------------------------------------------
レース前日

参加予定だったファンライドは翌日のレースに響きそうだったのでキャンセルで、
ゆっくりと会場入り。

会場に着くとファンライドを終えた方々が戻ってきた所で、
TK様に開口一番「ずる休みの人だ!」と言われつつ、
結構きつかったというファンライドを見送って良かったと思う。

その後、受付をしたり、ブースを見たり、知り合いに挨拶をしたり、
TK様に軽くポジションを見てもらったりして夜が更ける。

レース当日

スタートは6時なので、4時前に起きる。
外はまだ暗い。
朝食などを食べ、準備をし、あっという間にスタート時間。
今回はあくまで完走が目標だったので、焦らず、怪我せずが第一。
MTBで100キロ走るのは初めてなので、ワクワク感でいっぱい。

とにかく序盤はマイペースで、心拍が上がりすぎない様気をつける。
ワリと快調。
が、有る地点(確か10数キロ地点?)で渋滞が起きていたので、
一旦自転車を降りてサングラスを外す。
というのも最近私のサングラスが妙に曇り、この時も曇って見づらかったから。
その後、前々日の雨で所々に水溜りが有るが、気にせず進む、と…、
前走者の泥水が目に直撃して右目開けられず。
一旦停止して目薬などを点すがどうにも痛みが和らがないので
たまらずコンタクトを外す。
しかし、鏡など持っていないので勘で入れようとしたら、落とす…orz
ぬかるみの地面に落としたコンタクトは到底見つからず、
仕方が無いので諦めてそのまま進む。
はじめはあまりの左右バランスのおかしさに戸惑ったが、
時間が経つにつれマシになり、下りでのスピードに気をつければ問題無さそう。
タイムロスしたものの第一チェックポイントを無事通過し、
その後のスピードも問題無く、頭痛を除けば心配事は無くなっていた。

そして迎えた60キロ地点手前。第2チェックポイントまでの時間も問題無さそうだが、
どうも自転車が重たい感じがしたので停車して確認をすると、後輪がパンク。
急いでタイヤ交換していたら、またしても目にゴミが入ってしまいました。
若干大きな砂粒が左目に入ったのですが、先程の様に外すのは怖かったので、
持っていた目薬をドバドバと点して様子見。
大丈夫かな、と目をこすったらまたしても外れてしまった…orz
やばい!と思って、慌ててコンタクトをキャッチしようとしたものの、再び見失ってしまう。
これで、両目のコンタクトを無くしてしまった私の視力、0.03。
見えないぜ!探せないぜ!

しかし、諦めたくない気持ちと、自分への情けなさを払拭したかったのとで
強引に再スタート。
暫くは上り基調だったので「おぉ!どうにか行けそうだ。」と思った瞬間出てきた下り。

どう考えても恐ろしい。
どんな絶叫マシンよりも恐ろしい。
1m位下って、あまりの怖さに自転車を降りました。
そこからは第2チェックポイントまでほぼ歩き。

天気が良くて景色も開けているのに、私の視界ったらモネの絵みたい…。
もう情けなくて、情けなくて。
レーシックか、度付きサングラスか、
考えながらテクテク歩く事7キロ程で第2チェックポイントへ。
足きりでレース終了。

普通はそこから自走でショートカットコースを戻るらしいのですが、
ずっと下り道で危険な為、再び軽トラコース。
今までこんな事一度も無かったのにとか、
念の為眼鏡を持っていれば良かったとか考えながら軽トラに乗り込みました。

あぁ、また…。
と思っていたら、軽トラを運転していたお兄さんが
「こんな道を軽トラで走るのもレアで良いでしょ♪」
と盛り上げてくれる。

…ほんの一ヶ月前もこの辺りを軽トラで走りましたよ…
とは言えず、苦笑い。

ゴール地点に戻ると多くの人が私を心配してくれていて、
申し訳なさでいっぱいになりました。
前日にメールをくれた方々にもなんと言っていいやら、と思ったり。

今年の私は全体的に何だかダメダメで、応援に答える事も出来ず、
本当に情けなくて、悲しい気持ちになりました。

今年は公私共に色々な事が起き、
その中でもどうにか時間を作っては自転車に乗ってきたつもりでした。
勿論自転車乗りとして、練習が足りなかった部分も有ったけれど、
精一杯やってきた中で、自分が起こしたミスでのDNFは本当に情けなかった。

そんな時相方が
「君はいつもタイミングに恵まれてるね。
飽き性な君がシーズンの最後にDNFだもん。
これでまた、来シーズンまで飽きずに乗れるね♪」
と言ってくれました。

たしかに、飽き性ですぐ調子に乗る私がシーズン最後にDNF。
こりゃ、来年の完走に向けてまた走り出すしか無い訳ですよ。

うん、うん。

と言う事で、立ち止まるなら乗れ!

来年は完走所か表彰台に乗っちゃうよ。
応援してくれた皆様の為にも、来年は期待以上の事しちゃうよ。

と、結局調子乗りの性格は直りませんが、
充実の来シーズン目指して自転車に乗りたいと思います。

今回の期待外れは、それ以降の結果で取り戻すしか無い!

待ってろ、2011年!!

と言う事で、今年の大きなレースはこれが最後になります。
あと2戦残っていますが、
そちらはみんなで楽しく走りきりたいと思っています。

今後とも、宜しくお願いします♪

■追記■

とか何とか言っときながら、王滝楽しかった♪
上りも下りも楽しかった!
オフロードをノーブレーキで下る感覚って、本当に楽しい。
自転車と自分の体を使って自然と戯れていると言うか、遊んでいると言うか。
60キロしか走れなかったのが本当に悔やまれるのは、それ程までに楽しかったから。
MTB最高でございます。

来年はもっと上手く&強くなって、最後まで走りたい!
100キロ存分に楽むんだー。
スポンサーサイト
プロフィール

マル子☆

Author:マル子☆
サボっていたブログ再開。
春夏秋冬・季節に合わせて遊んでいます。
-釣り・始めました-

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。