スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でか、三つ峠

登山に行っちゃいました。
今年は自転車の年にすると決めたものの、そこはご愛嬌で。

前日の飲みの為、殆ど睡眠が取れないまま迎えた朝5時。
珍しく予定通りに始まった朝は、気持ち良い空気に包まれていました。

電車を乗り継ぎ三つ峠の駅まで。そこから暫く舗装路を歩くといよいよ登山道へ。
同行者が登山初心者だったので、ゆっくりゆっくりと登ります。
呼吸が乱れることも無く、足にきつい程の道でもない為、心地よい登山になりました。

頂上からの富士は別格と聞いていて楽しみにしていたのですが、行ってみると思った程では無く、むしろ途中で切れ切れに見えた富士山が私個人のお気に入りでした。

下りは三つ峠登山口バス停方面に下ったのですが、こちらはあくまで頂上の山荘への物資輸送ルートの様で特に面白みは無かった為、今回のルートで良かったと感じました。

それにしても、屏風岩、格好いいなぁ。
今年はやめておこうと思っていたクライミングをやりたくなってしまいました。
しまってあったハーネスを引っ張り出してきて眺めてみたり。。。
せめて、週休3日にならないかなぁ。

mitsutouge_01.jpg

mitsutouge_02.jpg

mitsutouge_03.jpg

mitsutouge_04.jpg



帰りに寄った談合坂SAで、めがねが車に轢かれてしまう。
非破壊検査、不合格!!

mitsutouge_05.jpg



ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tutto Pantani

ひょんな事から知ったDVD。

“Tutto Pantani”

私、マルコパンターニが大好きでして、まだ自転車に興味が無かった2000年、フランスにいたのにツール・ド・フランスに見向きもしなかった自分に激しく後悔しております。

パンターニの現役時代をリアルタイムで見る事は出来なかったのですが、
残った映像を見ると
「人間のポテンシャルは私が思っている以上に凄い。」
と、その衝撃に心がギュッとします。
そんなパンターニの映像を集めたDVDを、昨年Gazzettaが発売したそうです。

日本では正規で発売はしていない様ですが、欲しくてたまらない今日この頃です。
規格がPALでも構わないので、どうにか手に入れたいと思います。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

少しだけ、乗ってみる。

今年のMOTO GP、日本GPの開催は春なのね。F1の中国グランプリといい、調子狂う。

さてさて、土曜日は1日中雨。変わって日曜日は快晴。

自転車でどこかへ行きたかったけど、今日は1日中こまごまと用事がある為、
気晴らしに2時間弱自転車に乗る。
風は強いがそれに勝る天候。遠くに見える山々の稜線がきれいだった。

余り時間が無かったから自転車に乗らない選択もあったけど、やっぱり乗って良かった。
少し疲れたけど、気持ちの良い1日だったな。

090426_pic01.jpg

090426_pic02.jpg

090426_pic03.jpg


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・草津

せっかくロードバイクを買ったのに、部屋の片隅で放置プレーが続いていたので
モチベーションを上げる為にレースに参加してみた。
参加が決まれば少しは乗るだろうと思って申し込んだが、結局先週乗ったのみでレース当日。

カーボローディングというこじ付けで前日にステーキを食べ、
湯畑を散策しながら温泉饅頭を食べ(×3)、
レース準備と称してお菓子をムシャムシャしてみた。勿論朝食もしっかり食べた。
これから沢山カロリーを消費するからと言う安心感がやたら食べ物に向かわせる。
私が痩せないのは、これが原因じゃないのか?

なにはともあれ、当日。
天気は晴れ。風も弱く、絶好の自転車日和。
周りを見渡せば多くのローディーがアップをしているが、
私ごときが今更何をしても意味が無いので、お菓子をムシャムシャしながら
犬と戯れつつスタート時間を迎える。
ポーッと開会式を眺め、スタート!と言われたのでスタートする。
始めの5KMはパレードランなのでタイム計測はされていない。
ノボー・ノボーッと自転車を漕ぐが、参加者2000人の威力は凄まじく、渋滞が続く。
急な下り坂をブレーキをかけながら必死でスローペースなんて、まるで修行。
正直レース全体の中でこれが一番辛かった。
超頑張って105のブレーキレバーを出来る限りの力で握りながら湯畑を過ぎると
やっと普通に走れるスピードに戻る。

その後スタート地点まで戻り、一旦小休憩。
自分のタイミングでスタートしていいので、ゆるい空気に包まれている。
あまり休んでいると行きたくなくなるので、スタート。
超遅いなりに調子がいい。
前日にコースの途中まで車で上ったのだが、その時の印象よりもはるかに楽。
フコフコとインナーローでペダルを漕いでいると殺生河原に辿り着く。
休みたく無かったので、そのまま進むことも考えた。
しかし、腰があまりにも痛く、どうしても腰を伸ばしたかったので給水所で一旦休憩。
あまり休みたく無いが、すぐにリスタートするとまたすぐに止まりそうだと判断し
3~5分位休憩。

そこから一気に上りたかった。
へたれなりに調子が良かったので基本的には一気にゴールまで行けそうだった。
でも、どうしても腰が痛くて。
腰に出た痺れは腿も伝わり、ゴールまで何度か
小休止→腰を伸ばす→リスタート
を繰り返す。

どうにかゴールしたものの、あまりにも遅い。。。
しかし、これが今の私ですから。ここからスタート。
これから寒くなるまで、どれ位早くなれるものか頑張ってみたい。
寒くなったら頑張るのやめるんだもん。

そんなこんなで終った初レースでしたが、それ自体は凄く楽しくて景色も良くて、
来年も出たいと思えるイベントでした。


--追記--
翌日以降、腰だけ筋肉痛。(腰痛?)
あぁ、なんだかなぁorz

kusatsu01

kusatsu02

kusatsu03

kusatsu04


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

土山峠→宮ヶ瀬→裏ヤビツ

季節は春に向かい暖かくなってきたのに、花粉症を言い訳に全く自転車に乗らないまま迎えた4月。前回いつ自転車に乗ったのか、思い出せもしない程遠い記憶。
そもそも一度もまともに乗っていないのに、気付けばもう来週はツールド草津。
レースにエントリーしたらさすがに乗ると思ったんだけどな。
そんな自分に少しだけ渇を入れる為、山に向かう。

天気は上々。どんな格好で出掛けるべきか決めかね、寒がりを考慮して厚着で出発。
すぐに汗だくになるが、仕方が無いのでそのまま我慢。
山に差し掛かると案の定足付きまくり。
途中に数箇所景勝地があったので、「山最高、山最高、マルコパンターニ最高」を合言葉にちょこっとずつ登る。宮ヶ瀬で一旦休憩すると、桜祭りに群がる親子連れ多数。
本当はソフトクリームが食べたかったが、人ごみが面倒臭かったのでとっとと裏ヤビツ。

出発時間と私の平均時速が遅い為、頂上に着くともうすぐ夕暮れ時だった。
表ヤビツを少し下った菜の花台に咲く桜と夕日がきれい。
下ハンドルを握ったらブレーキレバーが遠くて、必死のダウンヒル。あぁ、、、自分。。。

腰が超痛い1日だったけど、気持ち良かったので良しとする。

あぁ、草津は大丈夫なのだろうか?

090412_pic01.jpg

090412_pic02.jpg

090412_pic03.jpg

090412_pic04.jpg


ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

マル子☆

Author:マル子☆
サボっていたブログ再開。
春夏秋冬・季節に合わせて遊んでいます。
-釣り・始めました-

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。